自己紹介


 

はじめまして.スポーツ選手におけるスポーツ医科学を学びはじめて,15年以上になります.

 

チームスポーツでアスレティックトレーナーとして帯同・活動したり,ケガをした方のリハビリテーションを行ったり,様々な経験をしてきました.
是非,地域の皆さんにもその経験や知識を還元できればと思い,このサイトを立ち上げました.今後とも宜しくお願い致します.

 

追記

一般の方向けに分かりやすい表現をしたり,一部専門用語を交えております.情報はできる限り,多様な資料を参考に,科学性の高いもの選択するように心がけております.しかし,時として説明不十分であったり,誤りがあるかもしれません.その場合には,ご指摘頂ければ,修正させて頂きますので,いつでもご連絡ください.

スポンサードリンク




公開日:
最終更新日:2019/02/02

スポンサードリンク



腱障害に対するリハビリテーション(専門家向け)

以下, アスリートで良く起こりうる腱障害を対象に, 治療法を含めた

非ステロイド性抗炎症薬は急性の筋損傷に効果的か?

たま~に頭痛があります. いやいやご心配なく,パソコンの前に座り

運動を調整するメカニズム:Efference copy

例えば,持ち上げようと思ったら,意外に重たくて,力を入れてしまいますよ

運動の学習効率を上げるコツ

パフォーマンスを高めるコーチの言葉 ある動作を習得させるためには,

アスリートの上半身の機能の特性

例えば,テニス選手の場合に限定していうと, 非利き手と比べて 利き

→もっと見る

PAGE TOP ↑