インソールをお勧めする理由

公開日: : 最終更新日:2019/09/07 スポーツ科学

メリット

習うより慣れろ

一番の理由としては,

足部の形に問題がある場合には,良い姿勢での踏み込み方を指導する際に時間がかかる,

あるいは修得できても

元に戻ってしまうという経験に基づいています.

それならば,インソールを使用した方が指導する側としては非常に効率的です.その点がメリットと言えます.

習うより慣れるが先ですね.

 

科学的根拠がある

また,足部とは離れて膝に問題がある場合,

トレーニングやサポーターでは改善効果は十分確立されていません

特にサポーターによる膝痛軽減は認められていませんが

インソールには改善効果があるとして推奨されています.

 


デメリット

 

安い物で2~3000円

高い物では数万円します.

 

効果があれば良いのですが,効果がない物もあるかもしれません.

そこにお金をかけるのも勿体ないですね.

その費用や効果を比較できるといいんですが,

たくさんありすぎて困りますよね.

 

そうするとどのような足には,

どのインソールがいいんでしょうか?

それがわかれば,比較的お手頃な価格ならば一般の方でも手に入れようかなと気持ちになりますよね.

 


インソールが必要な足

 

偏平足で,片足立ちすると膝が「く」の字になる

こちらはインソールが必要な選手の典型例です.

日本人の方は最もこのタイプが多いのではないでしょうか.

引用(Sara.2017)

 

床に片足で着地した際の場面で

1aは理想的

1bはケガしやすい場面です.

 

バスケットボール選手に良く見かけます.

膝が内側に入り込む場面です.

原因は様々ありますが,その一つは足部の形です.

 

特に,体重をかけた際に,

足の内側のアーチの頂点が沈み込みやすい場合,

問題が起きやすいとされます.

 

扁平=内側のアーチが下がる

「アーチ」とは下の絵のように,

舟状骨という骨の突起から足底面の高さを計測して評価することがあります

引用(Mette.2012)

 

これらの原因は?

原因は色々あります.

室内スポーツでシューズを幼少期から履き続けている

バスケットボール選手,バレーボール選手には特に多いという印象があります.

足に靴が合ってなかったり,靴の履きすぎて足趾の機能が低下したり,

捻挫をして,その後にしっかりと治してなかったりするかもしれません.

特に捻挫すると,全身のバランスが崩れ,その状態のままプレイを続けるとそのバランスが習慣化されます.

 

また,日本人の場合には部活動の文化があって,

海外よりも一つのスポーツに限定して熱心に行いやすく,靴を履く時間が長いかもしれません.

また,海外では日常で靴を履かない国もあり,足趾の機能が高い印象があります.

ラグビーが盛んなオーストラリアでは,

オフシーズンは足趾を鍛えるために砂浜で鍛えるとも聞いたことがあります.

 

ちなみに,

妊娠すると足部の形が変形し,より扁平になるともいわれています(Neil A. Segal.2013)

 

回外足

サッカー選手の足は逆に甲高が多い気がします.

回外足ともいいます.

以前にもこのような記事書いてます.

回外足では小指の末端に骨折が生じやすく,インソールにはその骨へのストレスを減らしてくれる作用があります.

がに股だとなりやすい? 第5中足骨骨折の治療・予防に必要な知識

膝の前面が慢性的に痛い

コクラン共同計画によるシステマティック・レビューでは,2編の論文が採用されています.

そのうち1編でCollinsらは膝蓋大腿関節症患者(お皿周りの痛み)に対し,6週間介入した結果,足型装具使用群は85%が概ね改善を認めたと報告しています.

また2016年に開催された4th International Patellofemoral Pain Research Retreatでも足型装具使用は限定的ではあるが短期の改善効果があるとして,推奨されています.

つまり,お皿周りが痛い方には,膝にテーピングやサポーターを巻くというよりも,意外とインソールの方が効果的かもしれません.

 


おすすめのインソール

 

リアライン・インソール

日本人特有の足の変形に合う,値段がお手頃なもの.

 

色々と探してみた結果,
「リアライン・インソール」と言います.
下記のリンク先から購入が可能です.

 

おすすめする理由

理由は

内側アーチは勿論ですが

外側アーチも更にサポートしている点です

安静時に内側アーチがあるように見えていても

外側アーチが十分でない場合には,爪先側へ体重をかけていくと

足部の形態が保持できず,結果的に内側のアーチを潰してしまいます.

結果的に,外反母趾になったり,内反小趾になったりして足趾の変形とともに機能は低下します.

 

種類

ちなみに,スポーツタイプとライトタイプとあるのですが

一応,『ライト』タイプをお勧めします

『ライト』タイプも『スポーツ』タイプと同等の効果があり,
かつ,シューズの形態に合わせやすいです.

 

『スポーツ』タイプはある程度幅広ですので,
スパイクなどの細長いシューズには合わないようです.

 

履き心地は『スポーツ』タイプの方がやや弾性が高い印象を受けます.

参考になれば幸いです.

 

購入時のご注意

尚,インソールのサイズを決定する場合には少し注意が必要です.

いつも履いている靴が25㎝だから,購入するインソールも25ではありません.

 

踵と母指球までの距離を測り,

それを基に販売元のインソールのサイズに合わせないといけません.

上図を参考にすると

例えば,母指球の膨らんでいる部分を省いて

母指球から踵までの距離が15㎝の場合にはインソールのサイズは25となります

14.2㎝の場合にはインソールのサイズは24となります

14.5㎝の場合には四捨五入が必要かもしれません

またいずれにしても,実際の靴に合わせるためインソール前方部や側方部をハサミで

カットする必要があります.

 

皆さんお間違いなく.

もしわからない方いらっしゃれば

コチラで結構ですのでお気軽にご質問ください.

 

購入後のおすすめ

購入後は履くだけで満足せず,是非トレーニングをして頂くことをお勧めします.

足趾の運動をしたり,立ってバランストレーニングを行うことで

全身の姿勢を保持する能力を高めることできると思います.

 

【参考】

  • Smith TO et al:
    Knee orthoses for treating patellofemoral pain syndrome.Cochrane Database Syst Rev,2015 (published online).
  • Crossley KM et al:2016 Patellofemoral pain consensus statement from the 4th International Patellofemoral Pain Research Retreat, Manchester. Part 2: recommended physical interventions (exercise, taping, bracing, foot orthoses and combined interventions). Br J Sports Med  50(14):844-852,2016.
  • Sara A. Scholtes et al:
    A DYNAMIC VALGUS INDEX THAT COMBINES HIP AND KNEE ANGLES: ASSESSMENT OF UTILITY IN FEMALES WITH PATELLOFEMORAL PAIN. Int J Sports Phys Ther 12(3): 333–340, 2017.
  • Neil A. Segal et al:
    Pregnancy Leads to Lasting Changes in Foot Structure. Am J Phys Med Rehabil 92(3): 232–240, 2013.
  • Mette Kjærgaard Nilsson et al:
    Classification of the height and flexibility of the medial longitudinal arch of the foot
    J Foot Ankle Res 5(3), 2012 (Published online).

スポンサードリンク



関連記事

no image

運動時に息が上がる,息苦しいのはなぜか?

運動開始直後は,実は予測的に呼吸の量が一気に上がります.   次に,

記事を読む

股関節/鼠径部が痛いとき?

    日本整形外科スポーツ医学会の資料はわかりやすく解説してくれま

記事を読む

夏でもやっぱり冷たい,アイスバス

いま世界陸上やってますね. 陸上競技で特に短距離ならば,レース間にアイスバスに入ります.

記事を読む

no image

暑い時のルール:暑熱下環境における選手管理

国のデータによると,学校管理の状況において, 現在も年間で数件の熱中症による死亡事故例が報告さ

記事を読む

腱障害に対するリハビリテーション(専門家向け)

以下, アスリートで良く起こりうる腱障害を対象に, 治療法を含めた簡単なまとめです. 非常

記事を読む

上半身の動的な安定性

上半身の機能といいますと 特にアスリートの場合には 筋力の要素以外で中々,調べることはあ

記事を読む

運動を調整するメカニズム:Efference copy

例えば,持ち上げようと思ったら,意外に重たくて,力を入れてしまいますよね.  

記事を読む

足趾にもある? 足のインナーマッスルエクササイズ

インナーマッスルというよりは 足部の内在筋強化と言った方が適切ですね. 足部の形態・機能

記事を読む

成長期の膝痛、オスグッドシュラッター病

  足指の動きが硬く,膝への負担が高い子も多いです.  

記事を読む

「リカバリー」:練習・試合後の疲労回復におけるゴールデンスタンダード

  皆さん,熱中症対策や水分摂取にお気をづけ下さい 今回は,運動後の疲労回復に

記事を読む

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク



腱障害に対するリハビリテーション(専門家向け)

以下, アスリートで良く起こりうる腱障害を対象に, 治療法を含めた

非ステロイド性抗炎症薬は急性の筋損傷に効果的か?

たま~に頭痛があります. いやいやご心配なく,パソコンの前に座り

運動を調整するメカニズム:Efference copy

例えば,持ち上げようと思ったら,意外に重たくて,力を入れてしまいますよ

運動の学習効率を上げるコツ

パフォーマンスを高めるコーチの言葉 ある動作を習得させるためには,

アスリートの上半身の機能の特性

例えば,テニス選手の場合に限定していうと, 非利き手と比べて 利き

→もっと見る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑