*

非ステロイド性抗炎症薬は急性の筋損傷の改善や障害に効果的?

2018/06/09 | スポーツ科学, 医学

たまに頭痛があります. ご心配なく,パソコンのやりすぎですね. そんなときは市販の「ロキソニン」を服用します. これも一種の非ステロイド性抗炎症薬. 整形外科に行けば,鎮痛薬と

続きを見る

運動を調整するメカニズム:Efference copy

2018/06/05 | スポーツ科学

例えば,持ち上げようと思ったら,意外に重たくて,力を入れてしまいますよね.   幼い子であれば難しいので,落としてしまったり,力を入れ過ぎてどこかに飛んでいってしまうかも

続きを見る

運動の学習効率を上げるコツ

ある動作を習得させるためには, その運動を学習効率を上げる必要があります.   例えば,走る練習をしている際に,コーチが選手に何と声かけするかです. それは科

続きを見る

アスリートの上半身の機能の特性

2018/06/05 | エクササイズ

例えば,テニス選手の場合に限定していうと, 非利き手と比べて 利き手の肩の内旋可動域や全体の可動域は減り, 外旋可動域は増大するとされています. *ちなみに外旋とは,ラケットを持ち上げたと

続きを見る

上半身の動的な安定性

2018/06/04 | スポーツ科学

上半身の機能といいますと 特にアスリートの場合には 筋力の要素以外で中々,調べることはありません   しかしながら,筋力だけではリハビリ明けで練習に復帰するというよう

続きを見る

スポンサードリンク



非ステロイド性抗炎症薬は急性の筋損傷の改善や障害に効果的?

たまに頭痛があります. ご心配なく,パソコンのやりすぎですね.

運動を調整するメカニズム:Efference copy

例えば,持ち上げようと思ったら,意外に重たくて,力を入れてしまいますよ

運動の学習効率を上げるコツ

ある動作を習得させるためには, その運動を学習効率を上げる必要が

アスリートの上半身の機能の特性

例えば,テニス選手の場合に限定していうと, 非利き手と比べて 利き

上半身の動的な安定性

上半身の機能といいますと 特にアスリートの場合には 筋力の

→もっと見る

PAGE TOP ↑