腱障害に対するリハビリテーション(専門家向け)

2019/01/26 | スポーツ科学, 医学

以下, アスリートで良く起こりうる腱障害を対象に, 治療法を含めた簡単なまとめです. 非常に専門的な内容ですので, 専門的にやってらっしゃる方対象にご紹介させて頂きます. ______

続きを見る

非ステロイド性抗炎症薬は急性の筋損傷に効果的か?

2018/06/09 | スポーツ科学, 医学

たま~に頭痛があります. いやいやご心配なく,パソコンの前に座りすぎですね. 近年,多くの方がデスクワークを強いられ,同じような症状があるかもしれません. そんなときは市販の「ロキソ

続きを見る

運動を調整するメカニズム:Efference copy

2018/06/05 | スポーツ科学

例えば,持ち上げようと思ったら,意外に重たくて,力を入れてしまいますよね.   幼い子であれば難しいので,落としてしまったり,力を入れ過ぎてどこかに飛んでいってしまうかも

続きを見る

運動の学習効率を上げるコツ

パフォーマンスを高めるコーチの言葉 ある動作を習得させるためには, その運動を学習効率を上げる必要があります.   例えば,走る練習をしている際に,コーチが選手に何と声か

続きを見る

アスリートの上半身の機能の特性

2018/06/05 | エクササイズ

例えば,テニス選手の場合に限定していうと, 非利き手と比べて 利き手の肩の内旋可動域や全体の可動域は減り, 外旋可動域は増大するとされています. *ちなみに外旋とは,ラケットを持ち上げたと

続きを見る

スポンサードリンク



腱障害に対するリハビリテーション(専門家向け)

以下, アスリートで良く起こりうる腱障害を対象に, 治療法を含めた

非ステロイド性抗炎症薬は急性の筋損傷に効果的か?

たま~に頭痛があります. いやいやご心配なく,パソコンの前に座り

運動を調整するメカニズム:Efference copy

例えば,持ち上げようと思ったら,意外に重たくて,力を入れてしまいますよ

運動の学習効率を上げるコツ

パフォーマンスを高めるコーチの言葉 ある動作を習得させるためには,

アスリートの上半身の機能の特性

例えば,テニス選手の場合に限定していうと, 非利き手と比べて 利き

→もっと見る

PAGE TOP ↑